NHK学園高等学校はどんなところ?特徴、コース内容、学費は?

NHK学園高等学校

NHK学園高等学校は1962年にNHKが設立した日本初の通信制高校です。

卒業生は75,000人以上!現在も約4,000人の生徒が在籍しています。

ここでは、NHK学園の特徴やコースの紹介をします。

この記事を読めば、NHK学園が長年に渡って指示され続けてきた理由がわかりますよ。

NHK学園高等学校の特徴

まずはNHK学園の特徴を知りましょう!

PCやタブレットを使用した授業

NHKの「Eテレ」や「ラジオ第2」で放送されている「NHK高校講座」と連動したカリキュラムが特徴です。

動画で授業を受けることができるので、スクーリングの回数を減らすことが可能です。

また、学習メモや理解度チェック機能があるので、効率的な学習が可能です。

NHK高校講座を視聴して登校日数を少なくできる

動画視聴だけでなく、NHK高校講座を視聴しながら勉強をすることで、スクーリング日数を減らすことができます。

その為、どこにいても単位の取得が簡単にできます。

多くのコースを選択可能

自宅で学べるネット学習を始め、実際に学校に通う登校コースや不登校生のためのコースなど、様々なコースから選ぶことが可能です。

コースの詳細は後述します。

充実したスクーリング会場

スクーリング会場は北海道から沖縄まで、全国に展開しています。

よって全国どこに住んでいてもNHK学園に通うことは可能です。

勉強以外のサポートも充実!

安心して高校生活が送れるように4つのサポートが存在します。

スクールカウンセラー

いわゆるカウンセリングのことです。

生徒の心の悩み、授業や勉強に対しての悩み相談にのってくれて、解決まで導いてくれます。

スクールソーシャルワーカー

生徒や家族との生活環境を調整したり、生徒が安心して通学しやすいような工夫を考えてくれます。

特別支援学校教諭免許保持者

障害のある方へのサポートを行ってくれます。

養護教諭

養護教諭というのは、保険室の先生のことです。

生徒の健康をサポートしてくれます。

進路指導

進路相談も当然充実しています。そのおかげか2017年度の合格実績は629人となっています。

また、就職希望の方は担任・進路指導担当がサポートを行い、生徒に合った就職先を探します。

NHK学園高等学校とは | NHK学園の特長・進路 | 通信制のNHK学園高等学校
通信制高校のNHK学園高等学校は、インターネットやテレビで放送されている「NHK高校講座」を視聴して学習できるスタイルの高等学校。さまざまな方々の「学びたい!」という思いに応えられる通信制高校です

自分磨きの為のイベントも多数開催

進学や就職に近づけるように、模擬試験、合同進路相談会、進路ガイダンスなども行っています。

指定校推薦も可能

指定校推薦の人数は年々増えていて、進学するのに十分な実力を持った生徒も多数います。

条件をクリアすることで指定校推薦のチャンスがあるので、夢へ近づく為のサポートもしてくれます。

一人一人に対応してくれる

生徒一人一人に先生との個別面談ができる機会があります。

3年次生の為の進路希望に応じた模擬面接も行ってくれます。

進路相談室には最新の進路情報がたくさんあるので、将来なりたいものの為のイメージをより具体的にすることができます。

また、進路指導の先生が電話で相談にのってくれるので、登校が難しい生徒でも安心して相談できます。

コース紹介

NHK学園には全部で7つのコースがあります。そのうち4つはネット学習のコースです。

・ベーシックコース
・ネット学習コース
・ネット学習Do itコース
・ネット学習集中コース
・ネット学習海外コース
・登校コース
・教養・海外特科コース

一つずつ説明していきます。

ベーシックコース

ベーシックコースは、「インターネットに慣れていない」という人や「書いて学習がしたい」といった人におすすめのコースになっています。

書いて提出したレポートは先生の肉筆で指導を受けられるので、間違えたところをしっかりと学習しなおすことができます。

また、ベーシックコースに通っていても「N-gaku Online Space」にアクセスすることができるので、レポートの提出状況を常に確認することができます。

スクーリングは月に2回程度で、先生からの直接指導を受けることができます。

スクーリングの際は、ネット学習コースの生徒と一緒に受けることになるので、他のコースの人との交流もできます。

ネット学習コース

レポートはネットを使って取り組むことができる為、登校日数を少なくすることが可能です。

また、NHK高校講座を自宅で学ぶことが可能です。

これにより、登校日数が一般の通信制高校の半分になっています。

ネット学習 Do itコース

不登校の方に特化したコースです。学習や高校卒業資格だけでなく、社会で生きる力を提供します。

学習はネット授業がメインになります。授業は録画されているので、何度も視聴可能です。いつでも復習できるのは嬉しいですね。

ネット学習 Do itコースは学習以外のプログラムも魅力です。

ものづくりなど自分の興味に関する活動を支援する「生活実習」や、工業や商業・ビジナスマナーが学べる「職業技術」など、モチベーションUPに繋がるプログラムが充実しています。

ネット学習 集中コース

このコースの最大の特徴は短期間のスクーリングです。

スクーリング回数はなんと4回!連続4日間で行われます。開催日は10月~12月、遠方の方は宿泊施設を利用するので合宿のようなイメージですね。

また、レポートはネットでの提出になります。教材のデジタル化のおかげで素早いレスポンスで学習しやすい環境です。

ネット学習 海外コース

海外に住んでいる方に向けたコースです。基本は国外で大丈夫ですが、年に1度のスクーリングと試験に参加する必要があります。

とはいっても全部で5~6日間だけなので、海外在住の方にピッタリのコースと言えますね。

スクーリングとテストの時期は1~2月の予定です。

登校コース

こちらのコースは実際に学校へ登校します。登校日数は週3日(水・木・金)です。

実際に先生に会えるので、質問しやすい環境ですね。

さらにクラス制で1クラス25人の少人数制です。勉強がわからなく困ることも無さそうですね。

教養・海外特科コース

教養コース

教養コースは、15歳以上なら学歴に関係なく通うことができるコースです。

このコースの最大の特徴は、「1年間高校の科目を教養として学習することができる」ということです。

科目は、21科目から自由に選択することができます。

選択できる科目は以下になります。

なお、各科目ごとに選択できるものが複数あります。

・国語(総合・表現)
・現代文B
・古典B
・世界史B
・日本史B
・地理B
・現代社会
・数学(Ⅰ入門・Ⅰ・Ⅱ・A)
・科学と人間生活
・地理基礎
・科学基礎
・生物基礎
・地学基礎
・コミュニケーション英語(基礎・Ⅰ・Ⅱ)
・社会と情報

教養コースに通学しても高卒資格を取得することはできないので、学びたい科目を改めて学習するイメージになります。

海外特科コース

海外特科コースは、海外で生活をしている高校生が日本の高校の学習をすることができるように設けられているコースです。

基礎学力を身につけることができるので、帰国後の学習や進学に役立てることができます。

コース内容は教養コースと同じで21項目から選ぶことができます。

また、海外特化コースも日本の高卒資格を取得することができません。

高卒資格を取得するなら「ネット学習海外コース」に入ると良いでしょう。

学費

NHK学園の学費は、コースや学年によって違います。

入学金はどのコースも共通で35,000円となっています。

ネット学習・ネット学習海外コース

費用1年次生(24単位履修)2年次生(26単位履修)3年次生(24単位履修)
受講料(1単位12,000円)288,000円312,000円288,000円
施設設備充実費10,000円10,000円10,000円
教育運営費20,000円20,000円20,000円
生徒会費2,000円2,000円2,000円
合計320,000円344,000円320,000円

ネット学習海外コースの場合、教材を海外に発送する際には別途通信費用がかかってきます。

上記以外にも教材費が1科目あたり2,000円かかります。

ネット学習Do itコース

費用1年次生(24単位履修)2年次生(26単位履修)3年次生(24単位履修)
受講料(1単位12,000円)276,000円324,000円288,000円
施設設備充実費10,000円10,000円10,000円
教育運営費60,000円60,000円60,000円
生徒会費2,000円2,000円2,000円
合計348,000円396,000円288,000円

ネット学習Do itコースも1科目あたりの教材費が2,000円ほどかかります。

登校コース

費用1年次生(24単位履修)2年次生(26単位履修)3年次生(24単位履修)
受講料(1単位15,000円)360,000円390,000円360,000円
施設設備充実費50,000円50,000円50,000円
教育運営費120,000円120,000円120,000円
生徒会費2,000円2,000円2,000円
合計532,000円562,000円532,000円

登校コースも教材費が1科目あたり2,000円程度かかります。

ベーシックコース

費用1年次生(24単位履修)2年次生(26単位履修)3年次生(24単位履修)
受講料(1単位10,000円)240,000円260,000円240,000円
施設設備充実費10,000円10,000円10,000円
教育運営費20,000円20,000円20,000円
生徒会費2,000円2,000円2,000円
合計272,000円292,000円272,000円

ベーシックコースも教材費が1科目あたり2,000円程度かかります。

就学支援金制度

各コースには、世帯年収によって就学支援金制度を受けることができ、実質負担額を減らすことができます。

世帯年収によって受け取れる就学支援金はコースによって違いますので、必ず確認しておきましょう。

2020年、新施策スタート

NHK学園では、2020年から独自の就学金制度などを含めた新施策が始まります。

N学就学金制度の創設

就学金の返金は不要となっているので、是非確認してみましょう!

就学金には「学習サポート金給付」「教材費無償化」「推薦入学者への入学金免除」などが含まれています。

学納金の分割納入

今までは、入学時に学納金を全額準備する必要がありました。

しかし、2020年度からは就学支援金の支給が始まるまでは受講料を延期することができるようになりました。

詳しくは資料を請求してみましょう!

資料請求はこちらから。

↓↓↓

教材無償化制度とは

NHK学園独自の制度です。

対象となる生徒に関しては、教材費を無償化にする、というものです。

家庭の経済的負担の軽減と学びやすい環境を整えることを目的として導入されています。

対象となる生徒は?

対象となるのは以下に該当する就学支援金受給資格認定者になります。

・生徒保護世帯
・住民税が非課税の世帯
・住民税均等割りのみの世帯

NHK学園高校の卒業条件

NHK学園の卒業条件は、他の通信制高校と同じで、

・3年以上在籍していること
・74単位以上取得すること
・特別活動30時間以上出席すること

となっています。

1年、2年、3年で目標単位数を確実に取得していけば最短の3年で卒業することができます。

提出するサポート数は科目によって決まっているので、必ず把握しておくようにしましょう。

転入学について

全日制やその他の通信制高校などからの転入の場合、前の高校での在籍期間や単位数によって転入学できる年度が変わってきます。

状況転入学可能年度
在籍期間1年未満または、単位数が6単位未満の場合1年次生に転入学可能
在籍期間1年以上、単位数が6単位以上40単位未満の場合2年次生に転入学可能
在籍期間2年以上、単位数が40単位以上の場合3年次生に転入学可能

まとめ

NHK学園高等学校は、学びやすさや生徒一人一人に寄り添った学習スタイルで「自分らしく」勉強をすることができます。

また、通学の難しい生徒の為に動画での学習やテレビ番組を使っての学習なども積極的に取り入れているので、いつでもどこでもストレスなく学習をすることができます。

また、高卒資格の取得が目的ではなくても、1年間の教養学習もできるので、どんな人でも学べる環境が整っています。

資料請求はこちらから。

↓↓↓