今話題のeスポーツを学ぶことができる通信制高校とは?

通信制高校の基礎知識

昔からゲーム大会はよく開催されていましたが、それでも一部のゲーム好きやそのタイトルが好きな人が参加するにとどまっていました。

しかし、ここ最近は全世界で1000億円規模のビジネスとなっていてeスポーツ自体が一つの職業になるまでになりました。

また、オリンピックやパラリンピックにも競技として追加が期待されていますし、実際にプロのスポーツ選手がゲームを使って大会を行ったというのもニュースになっていました。

日本でも高校生でプロが生まれていたりするので、年齢問わず人気になっています。

そんなeスポーツの世界を目指したいと思っている人は年々増えています。

今は、本格的に学ぶために高校を選ぶ人もいるくらいです。

そんな大注目のeスポーツに打ち込むことができる通信制高校をまとめて紹介します。

興味ある人は是非チャレンジしてみてください!

学校でゲームができる?eスポーツを導入している学校が増えている

eスポーツ自体の認知度が高くなっているのは、教育の分野でも認識されていて、部活やクラブ活動でもeスポーツを導入している全日制高校が増えてきています。

部活動やクラブ活動に関しては「通信制高校には部活動やクラブ活動があるのか」という記事でも詳しく紹介しています。

通信制高校やサポート校にはクラブ活動や部活動はあるの?
通信制高校は、自宅学習が中心であるため、学校に登校するのはスクーリングの時だけになります。 仕事をしている人や子育てをしている主婦、はたまた学校に通うのが困難で通信制高校を選択した人にとっては自...

コミュニケーションをとるのが苦手であっても、ゲームを通せば苦手意識を少しでも減らすことができるという利点があります。

また、学校から正式に認められて活動をしている場合もあります。

通信制高校に設置されているeスポーツコースの特徴は?

eスポーツは部活動ではなく、授業として学ぶことができるのを知っていますか?

いくつかの通信制高校やサポート校では、プロゲーマーの為の育成だけでなく、ゲームに関わる職業に就くための技術、資格などを取得することができるカリキュラムが組まれています。

その為、高卒資格を目指しながらも将来を見据えた学習をすることができます。

また、全国高校eスポーツ選手権やSTAGE:0全国高校大幸eスポーツ大会などの、高校生が参加することができる大会出場などを目標にして、実戦経験を積みながらスキルアップを目指していくこともできます。

ゲームが好きな人、ゲームを仕事にしたいと思っている人には非常に向いている学校と言えますね。

eスポーツコースが設置されている通信制高校の大きな特徴をいくつかまとめました。

・「好き」を仕事にするための学習やスキルを身につけることができる
・国内外のイベントに参加することができるチャンスがもらえる
・現役のプロから授業を受けることができる
・勝つための論理的な思考や戦略の考え方、戦術の立て方などを身につけることができる
・プロゲーマーを目指す以外にも、ゲーム関係の企業への就職もできる

eスポーツコースは、ゲームにおいての技術やプレイスキルを学ぶことができます。

しかしそれだけでなく、ゲーム関係の業界に就職することができる可能性があります。

eスポーツコースを選択することができる通信制高校・サポート高校

eスポーツを専門的に学べる通信制高校やサポート校をいくつか紹介します。

学校ごとに特徴が異なってくるので、自分に合った通信制高校を選ぶようにしましょう。

ヒューマンキャンパス高等学校

コース内容多数の専門コース
入学可能エリア全国から入学可能
年間の学費約18万円~
ホームページ公式サイトはこちら

資料請求はコチラからどうぞ!

ヒューマンキャンパス高等学校は、eスポーツのプロリーグである「RAGE Shadowverse Pro League」に参入している横浜Fマリノスとの教育提携を結んでいます。

その為、プロゲーマーとしての心構え、メンタル、フィジカル、マナー、スキルを学ぶことができます。しかしそれだけでなく、プロとして大切なことも学ぶこともできます。

プロゲーマーだけを目指すコースではないので、授業にはプログラミング学習ができるものも用意されています。

eスポーツ業界だけでなく、ゲーム業界を目指すこともできるのでクリエイターを目指したい人にもおすすめです。

学校のポイント「ゲームクリエイティブフェスタが開催される」

スクエア・エニックス、サイバーコネクトツー、concept、UBI SOFT、ケイカ、エッジワークス、日本一ソフトウェアなどの有名な会社が特別セミナーを開催してくれます。

業界知識や実践力を身につけることができますが、それだけでなく、なかなか聞くことができないゲーム業界の裏側も聞くことができます。

第一学院高等学校

コース内容特化コースがある
入学可能エリア全国から入学可能
年間の学費約31万円~
ホームページ公式サイトはこちら

資料請求はコチラからどうぞ!

第一学院の大きな特徴は、コナミグループが運営している「sports銀座school」と連携をしているということです。

コナミと言えば、コナミスポーツなどのスポーツ系に力を入れていたり、遊戯王などのカードゲーム、テレビゲームを数多く作っている会社ですね。

その為、高校卒業と同時にeスポーツ界で活躍することができる人材を目指すことができます。

eスポーツ選手を目指すだけでなく、ゲーム制作や大会プランナー、ストリーマーなどを目指すこともできます。セルフプロデュース能力やコミュニケーション能力を身につけることができるので、社会で活躍することができる力を学ぶことができます。

学校のポイント

習得できるスキルは以下になります。

・編集、ITスキル
実践的な動画や音声の編集技術、収益モデルに即したコンテンツ作りの技術を身につけることができます。
・海外英会話スキル
様々なシーンを想定して、対話ロールプレイ形式での生きた英語を学ぶことができます。
・模擬大会
大会の企画運営ノウハウを学んだ後に、生徒自身が模擬大会を運営していくことができます。
・ゲーム制作概論
行基種目となっているゲームタイトルがどういう意図で埋まれているのか、作り上げられているのかを学ぶことができます。
・大会、企画運営
会場の設営、音響証明、競技の重要なシーンを切り取るカメラワークなどのビジネスと演出の両方から大会を支える専門スタッフについての学習ができます。

北海道芸術高等学校

コース内容専門コース多数
入学可能エリア九州全域、関東の一部、沖縄県
年間の学費約74万円~
ホームページ公式サイトはこちら

資料請求はコチラからどうぞ!

北海道芸術高等学校は、ゲームに勝つスキルだけでなく、英会話能力、コミュニケーション能力、強いメンタルの育成、学習を受けることができます。

eスポーツコースの開校が2020年4月なのでこれからではありますが、ゲーム実習、ゲーム企画、総論などの科目を受けることができる通信制高校であり、九州では唯一の学校もであります。

また、高卒に必要な単位として認定されているので、ゲームのスキルアップとともに高卒資格も同時並行で狙うことができます。

学校のポイント

2020年に始まったばかりのコースなので、特徴らしいものはありません。

しかし、高卒資格に必要な単位の一つとしてeスポーツが認められているので、好きなことをやりながら高卒も目指せるのはストレスなくできるでしょう。

その他にもeスポーツを学ぶことができる通信制高校多数ある

上記の他にも、eスポーツを学習する事ができる通信制高校はいくつもあります。

・ルネサンス高等学校
・クラーク記念国際高等学校
・明聖高等学校 など

これらの学校でもeスポーツを学ぶことができます。

まとめ

通信制高校やサポート校で設置しているeスポーツコースは、プロゲーマーになるための実践や学習ができるのはもちろんですが、その他にも様々な進路に対応することができるカリキュラムが多く用意されています。

・ゲーム実践力(FBS、格闘、シューティング、トレーディングカードゲーム等)
・英語力
・プログラミング力
・ゲームビジネス(業界トレンド)
・動画制作(撮影、編集)
・インターネット配信
・取材、実況、ライティング力

上記のように、eスポーツは、ゲーム漬けの学生生活を送るだけでなく、夢を叶えるために色んなスキルを身につけることができる、というのが最大のメリットになります。

高校生活を送りながらもeスポーツにも力を注ぐことができる環境に身を置くことで、充実した高校生活を送ることもできます。

また、自分の将来の目標の為の選択肢として選択するのも良いでしょう。