通信制高校やサポート校にはクラブ活動や部活動はあるの?

通信制高校の基礎知識

通信制高校は、自宅学習が中心であるため、学校に登校するのはスクーリングの時だけになります。

仕事をしている人や子育てをしている主婦、はたまた学校に通うのが困難で通信制高校を選択した人にとっては自分のペースで学べるのが大きなメリットですが、全日制高校のように部活動をやりたいと思っている人も少なくないでしょう。

しかしここで疑問なのは、「通信制高校にそもそも部活動はあるの?」ってことだと思います。

あったとしても「登校日数的にそこまで活動に時間がとれないかもしれない」と思う人もいるでしょうね。

では、実際の所通信制高校には部活動やクラブ活動はあるのか、あるとしたらどういう部活動があるのか等をまとめて紹介します!

クラブ活動や部活動は存在するのか

部活やクラブ活動は、全日制高校にしかないと思っている人も多いと思います。

しかし、通信制高校やサポート校にも部活動やクラブ活動はあります。

また、それぞれの部活動をサポートする形で専門コースを設置している学校もたくさんあります。

「高校で部活動に精一杯力を入れたい」「全国大会という目標に向かって何かを成し遂げたい」という人であっても、通信制高校で思いっきり行うことができます。

どんなクラブ活動や部活動があるのか

通信制高校の部活動は、全日制高校と同じか負けないくらいバラエティ豊富です。

主に運動部と文化部に分かれています。

運動部

運動部には、以下のような部活があります。

・サッカー
・陸上
・バスケットボール
・柔道
・バレーボール
・剣道
・卓球
・野球
・ソフトテニス
・フットサル
・バドミントン など

一般的な全日制高校にもあるような運動部は大体揃っています。

その他にもボクシング、硬式テニス、水泳、女子バスケットボール等の部活もあります。

運動系の部活は、大会が必ず開催されているので、本格的に打ち込むことができます。

ただし、団体スポーツの場合は人数が揃わないと成り立たないとったことがありますし、グラウンドが備わっていない学校もあるので、活動に関しては難しい場合もあります。

学校に施設がない場合は、場所を借りて練習を行うことになるので、その辺が多少ネックでしょう。

もちろん、学校によって行っている部活が違ってくるので、最初から入りたい部活があるかどうかを確認しておくことが大事になります。

文化部

文化部には、以下のような部活があります。

・軽音部
・美術部
・書道部
・ゲーム部
・アニメ部
・吹奏楽部
・写真部
・茶道部
・読書部 など

文化部は、学校によってユニークなものがたくさんあります。

中には全国大会が開催されているものもあるので、楽しみながらも目標を持って取り組むことができます。

また、中にはオンラインで活動する部活もあります。オンラインで特にイメージしやすいのは囲碁将棋でしょう。

はたから見ただけだと遊んでいるようにも見えますけど、取り組みレベルが高くて、他の人と対戦するようなものであれば、自己練習は必要になります。

中には緩い部活もあるので、自分がやりたいことを見つける目的としたり、打ち込める趣味を見つけたりするのには良いでしょう。

通信制高校の部活動の時間

通信制高校の場合、全日制のように毎日学校に通うわけではないので、部活動に費やす時間も限られてきます。

その為、練習時間は極端に短いのが一般的になります。

自主練習をしっかりと行っておいて、集まった時に全員で合わせていく、等の方法が必要になることもあります。

また、上でも書きましたが、練習場所が備わっていない場合でも部活として活動している場合もあるので、一度入学前に確認してみると良いでしょう。

対して、文化部の場合は、オンラインで部活を行っている学校も多いので、活動時間は比較的取りやすいこともあります。

オンラインメインの場合は、学校に通学していなくても参加することができるので、部活に時間をしっかりと使いたい場合は向いているかもしれませんね。

通信制高校の部活動は顧問の先生が基本いない

全日制高校には、必ず各部活に顧問の先生がいます。

しかし、通信制高校には基本的にはそういった顧問の先生はほぼいません。

もし仮に通信制高校で20日程度のスクーリングがある学校で部活動をするにしても、どこまで活動ができるのかがわからないのです。

そういった状況だと顧問の先生を配置しておく通信制高校は少ないのです。ですが、全くいないというわけではないので、部活によっては顧問の先生がいることもあります。

ただ、ほとんどの場合は顧問の先生がいないと考えると、通信制高校の部活動はそこまで盛んにおこなわれているということは多くありませんし、部活動を目的として学校に通う生徒も多くありません。

だからこそ全日制高校の部活動で何かしらの嫌な目にあって全日制高校を退学した生徒でも、安心して過ごすことができるというメリットもあります。

部活動でなく、専門コースとして設置している学校も多い

通信制高校の中には、プロを育成するために専門的なコースとして設置している学校もあります。

将来目指すものが決まっている場合は、やりたいものが設置されていて、尚且つ自分に合った学校を選択すると良いでしょう。

ただ、専門コースとして設定しているのは運動系が多く、サッカー、バスケット、野球などが一般的になります。

その為これらに興味がないと部活と専門分野の学習は分けた方が良いでしょう。

通信制高校の部活動でも公式大会へ出場することはできるのか

元々は、通信制高校は全日制高校の大会に参加するための高等学校体育連盟の認可を受けていませんでした。

しかし、認可を受けている通信制高校も増えてきて、2015年にはサッカーで茨城県内の通信制高校がインターハイ予選を突破しています。

野球に関しても甲子園に出場した通信制高校があるので、十分上位を狙うことが可能です。

その他にも、個人的に通信制高校の自由度を活かしたスポーツに励んでいる人も多数います。

さらに運動部の全国大会として「全国定時制通信制体育大会」という通信制高校と定時制高校専門の大会も開催されています。

練習試合や公式の大会を行うなど、部活を存分に楽しむことができます。

全国定時制通信制体育大会ってなに?

全国定時制通信制体育大会というのは、正式には「全国高等学校定時制通信制体育大会」といい、定時制と通信制の運動部の大きな祭典の事です。

毎年8月ごろに約3週間程度の日程で行われています。

軟式野球、バスケットボール、ソフトテニス、卓球、陸上などの11種目のそれぞれの競技で全国各地の地区大会を勝ち抜き、選手を選抜します。

そして、東京やその近郊で決勝大会等を行うことになります。

近年は規模が縮小してきてしまっているのですが、それでも専門コースがある通信制高校も増えていることから、この大会への参加を目標として活動している学校も多く見られるようになりました。

甲子園出場を決めた通信制高校もある

甲子園は、正式には「全国高校野球選手権大会」と言いますが、日本高等学校野球連盟が管轄している硬式野球の大会の事です。

甲子園に出場することができるのは、高野連の認可を受けている硬式野球部だけになります。

定時制や通信制の高校の中にも高野連の認可を受けている野球部がありますが、高校野球の全国レベルはとても高く、定時制や通信制の高校では太刀打ちできないと思っている人も多いでしょう。

しかし、2012年の春の選抜高校野球大会には、長野県の通信制高校が出場を果たしていて、2016年の夏の選抜高校野球大会には北海道のクラーク記念国際高等学校が出場しています。

これはどちらも通信制高校ですが、全日制高校に負けず劣らずの実力を持っていることになります。

野球だけでなく、サッカーに関しても、2015年には第一学院高等学校が全国大会出場資格を勝ち取っています。そもそも第一学院高等学校のサッカー部は地方予選でも活躍している強豪なのです。

また、テニスや柔道などもそれぞれの競技において定時制、通信制高校から多くの強豪選手を輩出しているので、全日制高校に負けない活躍を見せているのです。

スポーツだけでなく、文化部もそれぞれの分野においての全国大会やコンクールが開催されていますが、そのいずれも通信制高校から上位進出者を出していたり、入賞を果たしています。

定時制や通信制だからといって、全国レベルには歯が立たないといったことは一切ないのです。

部活動よりも自由度が高い同好会も存在する

通信制高校には、自分のペースで学習を進めていくことができるという最大の魅力があるので、それを目的に入学する人も多くいます。

そういう人にとって、決まりごとの多い部活を窮屈に感じてしまう、という可能性もあります。

もし通信制高校で、よりライトに課外活動をしたいと思うのであれば、同好会やサークルといった活動を行っているものを選択すると良いでしょう。

同好会やサークルが人気になりつつある

部活という活動がない通信制高校も中にはありますが、それでも同好会やサークルといった活動は人気になっています。

同好会やサークルが人気になっているのは、同じ趣味を持っている仲間と、何かをすることが趣旨だからです。ただ、その活動には様々あります。

部活を設置していない学校であっても、キャンパスがある通信制高校であれば同好会やサークルは存在しています。

自分の興味のあるものや趣味の合う同好会やサークルがあるなら、気軽に参加してみるのも良いでしょう。

同好会やサークルを立ち上げる方法もある

仮に自分の趣味に合うような同好会やサークルがない場合でも諦める必要はありません。

どうしても仲間と同じ活動をしたいと思ったら、同好会やサークルを立ち上げることができます。

部活動の場合は自由に立ち上げることはできません。設立や維持のためには何かしらの条件を学校側から出されることが多いです。

しかし同好会の場合は、特殊な条件に従わなくても届け出さえ学校側に提出すれば簡単に誰でも作ることができます。

同好会の中にはかなりマニアックなものが多く、マンガ同好会、天文同好会、ダム同好会などもあるようです。

自分で自分の好きなものを活動として許可してもらうことができれば、活動内容は自由に決めても問題ないなので、部活よりもラフにできます。

通信制高校ならではの自由さで生徒をサポートしてくれる学校もある

通信制高校の中には、同好会やサークル活動に対して積極的に後押しをしてくれる学校もあります。

生徒の自由と自主性を大事にしている通信制高校ならではありますが、先生が活動をサポートしてくれるので、安心して好きなことをすることができます。

全日制高校にいた時には新しいことにチャレンジするの苦手だった人でも、通信制高校であれば積極的な行動ができる人間になることができるかもしれません。

また、部活動に限らず、色んな面で全日制高校とは比較にならないほどの自由度がある通信制高校で本当の自分を取り戻すことができるようになるかもしれません。

全日制高校の生徒と一緒に部活動をすることができる通信制高校もある

通信制高校だと、全日制高校に比べて生徒数が少なくなりがちになります。

その為、全日制高校のにぎやかな空間が懐かしく感じる人もいるかもしれません。

そういった時には、全日制高校の生徒と一緒に部活動ができる通信制高校を選ぶのも手です。

そもそも全日制高校の生徒と一緒に部活動をすることはできるのか

通信制高校の中には、全日制高校の生徒と一緒に部活動を行うことができる学校もいくつかあります。

一例を挙げると、運営母体が全日制高校であったり、全日制過程が併設されている場合はこういったケースがあります。

ただ気をつけたいのは、希望する部活動に参加することができなかったり、少ない人数しか募集を行っていないことなどもあり、思い通りに行かないこともあります。

しかし、チャンスに恵まれればなかなかできない経験をすることができるともいえます。

また、全日制や通信制の様々な生徒と関わることができる部活動では、色んな価値観に触れることができるので、学ぶことも多いです。

まとめ

通信制高校は、全日制高校に比べると自由度がとても高いです。

決まった時間に学校にいないといけないわけではないですし、部活動に関してもワンパターンではない部活が認められていたりします。

一部の全日制高校では、必ず何かしらの部活に所属しないといけないといったルールがありますが、それもありません。

そもそも部活動自体を設置していない通信制高校も少なくありません。

その一方で、甲子園などの全国大会に毎回出場するような高いレベルの部活動を行っている通信制高校もあります。

また、運動部だけでなく、文化部の吹奏楽なども業績を上げている通信制高校もあります。

また、好きなジャンルに関する同好会やサークルを立ち上げて活動している人もたくさんいます。

通信制高校の部活動は「こうしなければいけない」というルールがないので、自分の中の「こういう活動があったら楽しいだろうな」という思いをそのまま形にすることができる場所です。

学校の細かい決まりごとが窮屈に感じて苦手という人であっても、通信制高校であればのびのびと学習に部活にと楽しむことができるでしょう。