通信制サポート校とは?通信制高校と通信制サポート校の違い

通信制高校の基礎知識

通信制高校の事に関して調べていると、サポート校の存在を目にすると思います。

しかし、通信制高校と通信制サポート校の違いや通信制サポート校というのは、そもそもどういうものなのかわからないことも多いと思います。

なので、通信制サポート校とはどんなものなのか、どういう人が利用すればいいのかを紹介していきます。

通信制サポート校とは?

通信制サポート校は、勉強だけでなく、様々な相談にのってくれるいわゆる「」のような存在のことを言います。

学校教育法によって認可された学校ではないので、イメージとしては学習塾、予備校と同じような位置づけになります。

通信制サポート校は、一般的には通信制高校に通う生徒に対して、学習スタイルで卒業までの単位や進級のサポートをするために通うものなのです。

通信制サポート校に通う目的

通信制高校を卒業するには、レポートの提出、スクーリング、テストをそれぞれ行って、それに応じた単位を取得する必要があります。

しかし、通信制高校は全日制高校と違い、勉強は自宅学習がメインであるため、自主的に学習をしなければいけません。

なので、通常3年で卒業できるところを5年かかってしまったり、途中で挫折してしまったりしてしまう人が多いのが現状です。

通信制サポート校は、できるだけ3年間で卒業ができるように学習面や生活面、精神面でのサポートを行っていくのが目的です。

通常は通信制高校と同時に入学して、高校卒業資格を取得するのがメインとなります。

その他にも、高卒認定の受験を目指すために通ったり、専攻のみの習得のコースなど様々あります。

通信制高校と通信制サポート校の違い

高校は学校教育法で決められている法的な「学校」として認可されているもののことですが、通信制サポート校は法的には認可されていません。

なので、通常は高卒の資格を取得することができないのです。

その為、高卒の資格を取得するためには通信制高校に別に入学する必要があります。

通信制サポート校の定義は、通信制高校に通う生徒が3年間で卒業ができるように、必要とされている勉強や精神面での支援を行うことで、塾又は、予備校に近いです。

ほとんどの通信制サポート校は、通信制高校と連携していることが多く、通信制サポート校に入学するときには、同時に通信制高校への入学が必要であったりします。

学校の運営している機関の違い

通信制高校の場合は、高校であるため、私立と公立があります。

私立と公立の違いはこちらで詳しく説明しています。

通信制高校!公立と私立の違い
通信制高校は「公立」と「私立」の2つに分かれます。 2つを比べたときに最も大きな違いは学費です。公立の方が1/10の値段で済みます。 対して私立の場合は、教師の数が多かったり設備が充実して...

通信制高校は、元々は全日制高校などと併置されてることがほとんどでした。

しかし、最近は通信制高校自体の需要が高くなり、通信制専門の高校も増えてきています。

対して通信制サポート校は、主に専門学校、予備校、学校法人が運営していることが多いです。

その為、運営している機関によって職業体験や進学コースが選べるなどの特色が大きく異なってきます。

学費の違い

通信制サポート校を利用する場合、通信制高校の学費とは別に費用がかかります。

通信制高校の授業料は、公立の場合は1単位当たり300円~700円程度、私立の場合は7,000円程度からであることがほとんどです。

その為必要単位数に応じて学費は変わってきます。

対して通信制サポート校の場合は、通う日数に応じて費用が変わってきます。

学費に関しての詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

私立・公立別の通信制高校の学費に関して詳しく解説
通信制高校は、全日制の高校とは違い、自宅又は、サポート校を利用して学習していき、卒業を目指すのが一般的です。 登校日数は全日制高校と同じような登校日数の所もありますが、月に数回しか登校しないとこ...

通信制サポート校によっては授業料に通信制高校の学費が含まれていることがあるので、必ず確認しておくようにしましょう。

学習方法の違い

通信制高校の学習内容は以下のようになっています。

・レポートの提出
・スクーリングへの出席
・試験を受けて単位を取得する

一般的にはレポートに合格し、必要とされる時間のスクーリングに出席することで単位を取得することができます。

基本的には3年以上在籍したうえで74単位以上を取得すると高校卒業の資格を得られます。

対して通信制サポート校の学習内容は、文部科学省の学習指導に準ずる必要がないので、サポート校独自のコースやカリキュラムを自由に組むことができます。

そして、カリキュラムに沿って学習を行っていくのです。

・大学へ進学したい
・芸能界で働きたい
・アート系の分野で働きたい
・ウェブデザインをしたい
・不登校だったため、基礎から学習しなおしたい

といった理由に合わせてコースが設けられているのです。

通信制サポート校のメリット

通信制サポート校に通うにあたってのメリットを紹介します。

生徒個人への細かい対応をしてくれる

通信制サポート校は、少人数制や担任制を採用している所が非常に多く、学習に対してのフォローが細かく行き届きます。

生徒一人一人の学習の進み方に合わせて細かく対応してもらうことができるので、通信制高校の卒業がしやすくなります。

不登校、いじめなどを経験したことがある生徒に対してのサポートがある

過去の不登校を経験したことがある生徒を受け入れてくれて、通いやすい環境を整えてくれているので、週1日の登校からスタートさせたり、教師が直接自宅に行き、授業を行うようなところから徐々に慣れさせていく、といったことが可能です。

いじめに対しての防止策として教師が休憩中もクラスにいたりするなど、クラス分けに配慮しているサポート校もあります。

カウンセラーを常駐させているサポート校もあるので、生徒だけでなく、親も相談しやすい環境を整えてくれています。

学校生活が自由

最低限守らないといけないルールはありますが、全日制高校などとは違い、校則がほとんどないので服装や髪形は自由度が高いです。

その為、制服が嫌ならば着なくてもOKですし、髪色も指定はありません。

アルバイトやそのほか行っている活動も、支障がないレベルで行うことは許可されていることが多いので、気持ち的に余裕が生まれやすいです。

ただし、選択する科目やコースによっては身だしなみが決められていることがあるので注意してください。

趣味や関心があることに合わせた勉強ができる

一般的な全日制高校の場合、生徒全員が同じ教材を勉強するようになるので、関心がないことも学習する必要があり、逆に関心があることに関しての学習はほとんどできません。

しかし、通信制サポート校は、芸能、スポーツ、アートなどの一般的な学校では学習ができないような事を学ぶことができます。

一例をあげると、午前中は通信制高校の授業を行い、午後は選択科目の授業を学ぶ、といったカリキュラムを組んだりすることが可能です。

曜日ごとに洗濯授業を取り入れるなど、色んなカリキュラムが用意されていることがあるので、興味があることに打ち込める体制がしっかりしています。

やりたいことがわからない場合は、体験をすることもできるので、将来の目標を決めるきっかけ作りに役立つのです。

サポート校としての機能が一緒になっている私立通信制高校もある

本来、通信制高校と通信制サポート校は別扱いです。

その為、通信制サポート校に通わせるには通信制高校と通信制サポート校の2つの学校の学費がかかってしまいます。

しかし、最近は私立通信制高校の中でもサポート校としての機能を兼ね備えている所が増えてきています。

通信制高校は高校卒業を目指すコースが一般的です。

ただ、その他にも大学進学コース、美容関係、プログラミング関係などの専門的な知識を勉強することができるコースや、通信制高校の単位取得をサポートしてくれるカリキュラムが組まれている所もあります。

サポート校への入学も合わせて検討している場合、通信制高校の中にサポート校の機能が含まれていた方が学費を2重に支払う必要はなくなります。

サポートが不要な場合は、通信制のみの勉強を行うコースを選択すればいいので、柔軟に対応する事ができるでしょう。

不明な点は一度、通信制高校の資料を取り寄せて見ると良いでしょう。

資料請求はこちら。

まとめ

通信制サポート校は、通信制高校を卒業するための学習のサポートをしてくれる塾のようなものです。

その為、通信制サポート校に通うだけでは高卒資格を得ることはできませんが、その分、学習においての不明点や、精神的な面を相談しやすいように窓口を広くしてくれています。

通信制高校に通う際、必ず通わなければいけないものではないですが、自主的に学習することに不安があったり、勉強についていけなそうであれば、通わせる選択肢は十分あると思います。

効率的に学習するために是非検討してみてはいかがでしょうか?