通信制高校の卒業条件

通信制高校の基礎知識

通信制高校の卒業条件を知っていますか。

通信制高校が単位制のためか、「わかりづらい」といった意見をよく耳にします。

簡単にまとめると通信制高校の卒業条件はたったの3つです。

  • 3年以上在籍
  • 74単位以上取得
  • 特別活動に合計30単位時間以上出席

実はわかりやすいと思いませんか。それでは1つずつ詳細に紹介していきます。

通信制高校の比較は以下をご利用ください。

↓↓↓

3年以上在籍

通信制高校であっても、3年以上の在籍は必要です。全日制高校と同じですね。

通信制高校の場合、スクーリング以外は通学の必要が無いので在籍さえしていれば大丈夫です。

また、編入や転入で通信制高校に入学された場合は、単位の引継ぎも可能です。引継ぎは月単位となりますので、詳しくは資料請求で確認することをおススメします。

74単位以上の修得

卒業までに必要な単位数は74単位になります。

単位修得には「レポート・スクーリング・定期テスト」をそれぞれクリアしなければいけません。

74単位が多いのか少ないのか、イメージが沸かないかと思います。全日制高校で例えると、「規定の出席日数の達成」や「定期テストで合格点」を取れば1年で約30単位を修得できます。

74単位はそこまで難しくないと思いませんか。

特別活動に合計30単位時間以上出席する

特別活動をわかりやすく伝えると課外活動のことです。英語や数学といった授業ではありません。

主にホームルームや生徒会活動、文化祭といった行事が該当します。

ちなみに課外活動は全日制の場合、1年で40時間もあります。それに比べたら通信制高校は少ない回数で済みますね。

特別活動の内容

学校行事は各学校で大きく変わってきます。

遠足や文化祭、宿泊研修など。私立の場合は特別活動を用意している学校が多いです。

特別活動は大きく分けると以下の3つです。

ホームルーム活動/学校行事(体験学習)/生徒会活動

どれも人と関わる活動です。人と接することが苦手な方は少しハードルが高いイメージかもしれませんね。

実はあまり心配する必要はありません!ホームルームといっても先生の説明を聞いたり、書類を読んだりと授業によく似ています。それに特別活動の「合計30単位時間以上」は必須です。それでは特別活動の内容を詳しく見ていきましょう。

ホームルーム活動

ホームルームはお互いに激しくディスカッションをするワケではないので安心してください。

基本的に先生が以下のことを伝える時間です。

  • 今後の進路
  • 学習の仕方
  • 校外学習の説明
  • スクーリングやテストについて

学校側で様々な資料を用意しています。ホームルームも有益な学校生活の一部ですよ。

中にはネットを利用したホームルームもあります。詳しくは資料請求で確認してみてください。

資料請求はコチラからどうぞ!

学校行事

通信制高校にも学校行事があります。

例えば、「遠足、修学旅行、文化祭、スポーツ大会、イベント参加」など。学校によって異なります。特に私立の高校は学校行事が豊富です!

かなり人と接する内容ですが、参加してみると楽しいこと間違いありません!

例えば「鹿島学園」の学校行事では、体験学習として「スケート、地域イベント参加、校外活動、演劇鑑賞」などのプログラムが用意されています。

生徒会活動

こちらは全日制とほとんど変わりません。活動内容は文化祭やイベント、生徒会新聞の発行や校内美化など。学校生活を豊かにするための活動がメインです。

生徒会活動を行っている学校は資料請求でチェックしてみてください。

資料請求はコチラからどうぞ!

補足情報:通信制高校には留年が無い!

通信制高校は単位制を採用しているので、留年がありません。修得できなかった単位があっても、再度挑戦すれば大丈夫です。

全日制のように、「もう1年間在学」といった決まりが無いので嬉しいですね。

ただし、必ず3年で卒業できるわけではありません!

先の項目で説明した通り、卒業に必要な74単位を取得する必要があります。そして特別活動も30単位必要です。

まとめ

通信制高校の卒業条件についてまとめました。

中には特別活動がネックに感じる方がいるかもしれません。各学校によりますが、多くの通信制高校はレポート主体の学習スタイルです。人と接する機会が少ないかもしれませんね。

そんな中、特別活動は友人を作るにはもってこいです!楽しい活動になると思います。

部活動を行っている学校もありますので、自身に合った活動内容が見つかるといいですね。

特別活動や単位など、詳しい内容は資料請求にてご確認ください。

>>資料請求はコチラから(無料)