不登校の人におすすめしたい通信制高校

通信制高校の基礎知識

通信制高校は不登校の学生でも通いやすいです。

まずは不登校の現状を知りましょう。

不登校の高校生は49,643人(平成29年度)います。かなり多い数字だと言えますね。ちなみに前年度に比べて15.1%ほど増えています。(参考:平成29年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について)

学校に行けないor行きたくない理由はなんでしょうか。代表的な理由は以下の通りです。

・朝起きられない
・疲れる
・授業がわからない
・友達や先生とうまくいかない

全日制高校に通いながら、問題を解決するのは時間がかかると思います。

通信制高校の場合は、カウンセリングで心の問題を解決しつつも自身のペースで勉強に取り組むことが可能です。

具体的には以下のような制度があります。

・スクールカウンセラーに相談できる
・レポート中心の学習なので登校頻度が少ない
・少人数のクラスなので人間関係が構築しやすい
・中学校の学習内容から教えてもらえる

今回は不登校を経験した人に向けて、通信制高校の魅力をお伝えします。

途中で「不登校の人におすすめの通信制高校3選」も紹介します。是非ごらんください。

不登校の人に通信制高校がおすすめな理由

それでは、不登校の人が通信制高校を選ぶ理由をお伝えします。

朝が苦手な人でも問題なし

多くの通信制高校は1限目の開始が遅めです。(もしくは時間を選ぶことが可能)

また、授業も全日制のように朝から夕方までビッシリ詰まっていません。

4時間程度で終了する学校が多いので、生活リズムの崩れで悩んでいる人でも安心です。ゆっくり学校生活に復帰できますよ。

自宅学習が多い

学校に通うスクーリングは週に1回ほどしかありません。中には月に1回など、スクーリングが少ない学校も存在します。

人間関係のストレスで不登校になった方も多いと思います。自宅学習だと一人で完結するので安心ですね。

中学の学習内容から復習できる

勉強がわからずに不登校になってしまった人でも問題ありません。中学の内容からしっかり基礎固めが可能です。

単位の引継ぎがスムーズ

全日制に通っていたけど、途中で退学した生徒は多いでしょう。そんな人は既にいくつかの単位を取得しているかと思います。

通信制高校では、その単位が無駄にならないので安心してください。

高校卒業には全部で74単位が必要です。もし、全日制高校で10単位ほど取得した場合、残りの64単位を通信制高校で取得すればOKです。やる気がでますね!

転入のタイミングがある程度自由

全日制高校の場合、転入のタイミングはかなり制限されます。公立高校では年に1回。私立では多くても年2回です。

対して通信制高校の転入時期はかなり多め!例えばN高等学校の場合ですと、年に4回(4月・7月・10月・1月)もあります。

転入可能時期は学校によりますが、どの学校も多めとなっています。

カウンセリングを活用できる

不登校の人は悩みを抱えている場合が多いです。そんなときはカウンセリングを利用しましょう。

大事なことはスクールカウンセラーが常駐している学校を選ぶことです。勉強だけでなく、心のケアにも力を入れた学校を選んでください。担任の先生がカウンセリングを行う学校もあります。

通信制高校の比較は以下をご利用ください。
↓↓↓

不登校の人におすすめの通信制高校

おすすめの学校を3つ紹介します。

飛鳥未来きずな

心のケア 教師がカウンセリング
入学可能エリア 全国から入学可能
年間の学費 約30万円
ホームページ 公式サイトはこちら

飛鳥未来きずなの担任教師は心理支援(メンタル)に関する専門知識を持っています。

具体的には、三幸学園グループ系列校の「東京未来大学こども心理学部」が全面協力した、各種研修を受講しています。

そしてカウンセリングの資格も取得しています!東京未来大学の発行する『不登校対応カウンセリング基礎』、『非行対応カウンセリング基礎』の2つです。手厚いサポートを受ける事が可能ですよ。

学べるコースに関しては選択肢が豊富にあります。通学頻度に関しては、毎日通学から~週1回の通学まで。専門コースも美容や福祉、健康スポーツなど全日制高校では経験できない内容となっています。

資料請求はコチラからどうぞ!

トライ式高等学校

心のケア カウンセラーが自宅へ訪問
入学可能エリア 全国から入学可能
年間の学費 約20万円
ホームページ 公式サイトはこちら

トライ式の不登校サポートは非常に充実しています。

カウンセラーが自宅へ訪問し、生徒と保護者と一緒にカウンセリングを行います。

部屋から一歩も出られない!といった生徒でも安心してください。置手紙やドア越しの語り掛けからスタートします。

その後は、教師が家庭まで訪問して個別授業を行います。不登校の生徒でも勉強する環境は十分ですね!トライ式高等学院の卒業率は98.5%です。不登校の人でも問題ありません!

資料請求はコチラからどうぞ!

NHK学園高等学校

心のケア 総合教育相談・学習支援センター
入学可能エリア 全国から入学可能
年間の学費 20万円
ホームページ 公式サイトはこちら

NHK学園には「総合教育相談・学習支援センター」があります。そこではカウンセリングの資格をもった、スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーが配置されています。

生徒の状況に合わせたカウンセリングが可能です。

教師も当然サポートします!まだ直接話すことが難しい生徒には、ネットでの相談を行っています。

資料請求はコチラからどうぞ!

まとめ

いかがでしょうか。

通信制高校なら、不登校の人でも通いやすい体制が整っています。

特に心強いことはカウンセラーの存在ですね。自身の悩みや不安を相談することで、少しずつ体調を回復していく生徒が多いです。

不登校の人でも、勉強したり悩みを解決できるという点で、通信制高校は大変価値のある存在だといえますね。

通信制高校の比較は以下をご利用ください。
↓↓↓