通信制高校の偏差値とは?高偏差値の大学に行くことはできるのか

通信制高校の基礎知識

偏差値は、進学を希望する際にその学校に入れるかどうかの目安として使用されるものです。

偏差値はテストを受けた中で、自分がどの位置にいるのかを表したもので、平均を50としています。

全日制の高校には知っての通り偏差値がありますが、通信制高校にはあるのか、わからないですよね。

そもそも偏差値という概念があるのかどうかもよくわからないと思います。

それに、通信制高校に通っていた人が早稲田大学や東京大学(東大)のような日本トップレベルの偏差値を誇る大学に進学することはできるのかも気になる所です。

なので、偏差値というものがあるのか、高偏差値の大学への進学はできるのかを詳しく解説していこうと思います。

通信制高校に偏差値という概念はあるの?

通信制高校は、全日制高校とは少し違うところがあります。

全日制高校の場合、中学生の段階で希望する高校の入学試験や面接等を受けて、合格することで入学をします。

その際は、偏差値を使って現在の自分の学力で通えるところを選択すると思います。

対して通信制高校の場合、中学校在学中又は、卒業をしている人か、それと同じレベルの学力があれば入学試験なしで入学することができる高校が多いため、偏差値という概念はありません。

ただし、全ての通信制高校が偏差値がないというわけではありません。公開している通信制高校もありますが、全体としては少ないです。

理由は、入学試験がないためです。

入学試験のようなものがあったとしても、面接を行ったり、作文を提出したりする程度で、学力での合否判定をすることはあまりありません。

その為、偏差値を出しておく必要がないのです。

通信制高校が偏差値を出していない理由

通信制高校が偏差値を出していないのは、生徒を受け入れる為です。

通信制高校に通っている人は、何かしらの事情を抱えている場合があります。

例えば小中学校の時に不登校になってしまい、授業をまともに受けることができなかった等です。

色んな事情を抱えた人が高卒の資格を取得することができるようにする為、落とすための試験ではなく、受け入れるための試験を行っているのです。

どうしても偏差値を知りたい場合は?

通信制高校が偏差値という概念がないとしても、大学受験においては大切な判断基準であることに変わりはありません。

その為、今の自分の学力がどのレベルなのか、どういった偏差値の大学なら合格圏内なのかを知りたい時には、予備校などが行っている公開模試を受けてみると良いでしょう。

公開模試を受けると、今の自分の学力が偏差値と手はどの位置にいるのかを把握することができます。それをもとに進学する大学を決めることもできるので、知りたい場合は受けてみましょう。

通信制高校に通っている人が偏差値の高い大学に行くことはできるのか

結論から言えば、通信制高校から偏差値の高い東大や早稲田、慶応などの大学に行くことは可能です。

通信制高校であっても全日制高校と同じように「高卒資格」を取得することができます。

大学に進学する際、通信制高校に通っていた、ということが不利になることはないので安心してください。

ただし、通信制高校のは高卒資格を取得することが目的となっていることもあるので、高校のカリキュラムだけでは大学に進学するのは難しいことがあります。

その為、最近では進学を目的としたカリキュラムを組み、大学進学に力を入れている通信制高校も増えてきました。

また、高偏差値の大学に行くためにサポート校を利用してが学習をサポートしてもらいながら入学試験を受けることもできます。

文部科学省のデータによると、通信制高校での大学進学者は平成4年の段階では6.5%しか大学へ進学した生徒はいませんでした。しかし、平成14年には12.1%まで上昇し、平成24年の段階では16.7%まで上昇しました。「注1」

「注1」定時制課程・通信制課程高等学校の現状

また、平成30年度の段階では、大学進学希望者の70.3%が進学しています。「注2」

「注2」通信制高校の現状と課題

その為、通信制高校から大学に進学する人は年々増えているのです。

大学進学を目指すのにAO入試を狙うのもあり

大学受験の際、一般入試を狙うのもありですが、指定校推薦入試やAO入試で進学を目指すのも選択肢もあります。

一般入試の場合は学力重視ですが、指定校推薦入試やAO入試の場合は、普段の学業成績、課外活動に対しての意欲や取り組み方、生活態度なども重視されます。

また、学力試験ではなく、面接や小論文などがあるのも特徴になります。

AO入試の場合は、受験者の個性、特技などが重視されるので、通信制高校という自由な学習スタイルを活かして、特技やアピールポイントを増やしていく生活を心がけるようにすると有利になります。

通信制高校選びは目的に合わせて選ぶ

偏差値という、学校を選ぶための基準となるものがないので、選ぶ基準がわからないという人も多いでしょう。

しかし、逆を言えば、偏差値がないからこそ自由に、そして学習目的に合わせて選ぶことができるといえます。

通信制高校は、全日制高校とは違い、学校によって学習スタイルやサポート体制が違います。将来の就職に対して有利に働く資格や検定などを取得することができる学校もあります。

なので、どんな道に進みたいのか、どういった事を学びたいのかを考えた上で、それにあった学校の資料を請求したり、説明会に参加したりしてみると良いでしょう。

資料請求はこちら。

進学率や進学先を公表している通信制高校もある

通信制高校の中には、生徒の進学率や進学先を公表している所もあります。

大学進学を希望する場合、入学をしたい通信制高校の卒業生がどれくらい進学しているのか、どの大学に進学しているのかなどの、実績を確認しておくようにすると良いでしょう。

通信制高校だからこそのメリット

大学受験の為に受験勉強に集中したい生徒にとっては、通信制高校に通うのはメリットになることが多いです。

入学の為の入り口が広く、学校に通学する時間が少ない通信制高校は、自分のペースで勉強ができます。

また、通信制高校の場合は、74単位を取得すれば卒業することができるので、カリキュラムも比較的自由に決めることができます。その為、自由な時間を作ることができるので、大学進学の為の受験勉強時間を確保することもできるのです。

最初は学力に自信がなくても、自分の頑張り次第では全日制高校の生徒よりも受験勉強に集中することができる環境にすることができるので、大学に進学することができる可能性が高くなります。

通信制高校で偏差値を上げるには?

不登校で学力が十分でなかったとしても、通信制高校に通うことで学力を上げることは可能です。

通信制高校で偏差値を上げることができる理由は、以下のようなものがある為です。

・学力に合わせて授業をしてもらう
・自宅で学習する

その為の通信制高校を選ぶ基準は、サポート体制がしっかりしている所が良いでしょう。

サポート体制がしっかりしている通信制高校を探すならこちら

学力に合わせて授業をしてもらう

通信制高校では、生徒一人一人に合わせた授業を行ってくれるので、勉強についていけなくなる、といったことはありません。

授業に関しては、単位を取得するために行うものなので、優しめの内容になっています。

また、高校によっては、1クラスに2名の先生をつけることもあるので、出遅れている学習を取り戻すことができます。

自宅で学習する

通信制高校の基本は、自宅学習です。

自宅で学習することで、通学時間を気にせず勉強ができるので、集中することができます。

その為、やる気次第で学力をどんどん伸ばしていくことも可能です。

まとめ

通信制高校は、全日制の高校に行けなかった生徒や不登校だった生徒などの、何かしらの問題を抱えた生徒を受け入れる為にあります。

その為、そもそも偏差値を出していない学校がほとんどなのです。

しかし、全日制高校とは変わらず、高卒資格を取得する事はできるので、大学進学に不利になることはありません。

なので、学力が伴っていれば偏差値の高い大学に進学する事も可能なので、やる気次第で希望する大学に行くことができます。